母乳育児とミルク育児どちらでもいいですがどっちがいいのかは悩む話

母乳がなかなか出ない、母乳育児挫折した人も多いのです。

個性なのでどうこういうつもりは全くありません。

むしろ母乳が出ないからといって凹みすぎるのも問題。

 

そんな母乳育児で二人の体験者を紹介します。

1人は母乳育児を頑張ったかた、もう1人はミルク育児をした方。

どちらも参考になる意見ですよ。

なかなか母乳が出ない私がやった対策はハーブティ

ただいま、3人目を妊娠している3歳と1歳の母をしています。
母乳育児で大変だと感じた事は、
第一子が産まれてから、なかなか母乳が出なかったことです。

出てからも赤ちゃんが、充分お腹いっぱい満足したという実感が中々得られなくて悩んだことがありました。

母乳育児はたくさんのメリットがあるというのは皆さん知っていると思います。
私は出産をしたら、自然に母乳は出るものと思っていましたした。私よりも先に母になった友人も、産まれてからすぐ、母乳がたくさん出たので当たり前の意識でいました。

しかし、出産してから思うようにいかず陥没乳首だったため、助産師さんに母乳マッサージをしてもらいました。絞るようにつねられてかなり痛かったです。だけど、やっと乳首からクリーム色をした初乳という栄養満点の母乳が出てきて感動したことを覚えています。それから、赤ちゃん(長男)との二人三脚の日々が始まります。

まず、乳首がまだ固い私のおっぱいをなかなか、上手に加えることができなて、加えたとしても十分に母乳が出ないことでお腹が空いて泣く長男。
そして、母乳が出ない自分のおっぱいに自己嫌悪に陥る私。ミルクを与えても納得のいかない自分がいました。

我が子が寝ている間もずっと、自分の身体を休めるのではなく、スマホの情報、母乳育児の本を読んで考えてました。

そんな毎日を過ごして、母乳に良いハーブティーなどを試し、
母乳育児を諦めなかったことで、なんとか2ヶ月後には軌道にのることができ、少ないながらも頑張ることができました。

とりあえず、諦めずに吸わせる事が基本だったと思います。
でも、今思うことは
母乳育児に大切なのはストレスを溜めない、身体をしっかり休めて、栄養を摂るということだったと思います。

意外と多いことをしったミルク育児

子育てしていく中で感じたことは、案外、周りにはミルク育児をしてる人も多かったという事。理由はいろいろありますが、
ミルク育児だから何か母子の信頼関係に影響する、そんな事は一切ないという事。

私みたいに母乳育児の呪縛に囚われて、本当に小さい我が子とのひと時をもっと大切にできなかったのは少し後悔してます。

ちょっと、肩の力を抜いた育児が母乳育児の成功に繋がるのではと感じます。たまには、ミルクも使ってパパや誰かに頼って息抜きするのも大事だと思いました。

 

出産直後は息子にうまく咥えさせることができず乳首に傷ができ、直らないうちに次の授乳がくるのでとても痛かったです。

コツを掴んでからは軌道に乗るかと思いきや、次は母乳が多く作られる体質になってしまい2時間ほど授乳しないと胸が岩のようにカチカチになってしまいました。乳腺炎予防のために桶谷式の母乳マッサージに通うことにしましたが、それがとても激痛で叫びながら施術を受けていたことを思い出します。

また、食生活を見直したのもこの時期です。

パスタやグラタン、揚げ物は控え、夜は必ず和食にしました。

しかし、授乳により体重が妊娠前よりも4キロほど減ってしまっていたので、和食では太るにはかなり苦労しました。母乳が詰まりやすいので大好きなケーキのような洋菓子類は食べることができず、ひたすら塩むすびを食べていました。1日で2合分のご飯を食べてしまった日もあり、主人にびっくりされました、、、。

結局どんなに食べても体重は増えないまま授乳を続けていたので、毎日貧血気味でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です