母乳育児はハーフマラソン毎日走るような感覚

母乳育児は体力勝負と言われていますがまさにそれ。

とにかく疲れる、しんどい、休めない。

そんな母乳育児の辛さの体験談を紹介します。

 

29歳

子供の歯が生え始めたくらいの母乳育児が大変!

私が最も大変だったなと思ったのが、子供の歯が生え始めて離乳食も食べるようになった頃です。

歯が生えてくる前は寝ぼけて乳首を噛ったり噛んだりされても、そこまでは痛みはなかったんですが、歯が生えてくるととても痛かった記憶があります。

寝始めるとくわえていた乳首が食べ物だと思うのか寝ぼけているのか、思いっきり噛んだりするんです。

それが繰り返されると乳首に傷ができたり、切れたりします。

でも子供は傷が治るのを待ってくれないので傷がある状態で授乳し続けるので、痛みは増しますし、傷もなかなか治らずただ痛みを我慢しなくてはいけないという、地獄の時間にかわります。

やっと傷が治ってきたかなと思ってもまた噛まれたりすると傷ができて結局治らない、治りにくいという悪循環でした。

私は女の子も男の子も育てているんですが、男の子の方が女の子より吸う力もあってそれだけで切れたりした事もあったので、それも痛くて大変な授乳でした。
母乳育児は幸せな事も多いですが痛みや大変さもそれなりにあるなと感じました。

37歳

長女と次女で同時期に授乳していた時期

娘が2人2歳差でおります。

次女を妊娠したときにまだ長女が卒乳しておらず、当時出産のため通っていた助産院ではお腹が張らなければ問題ないとのことで、そのまま出産後も2人一緒に授乳していました。(タンデム授乳と言います)

2人ともかなりのおっぱい星人であったため、次女の赤ちゃん時期は一日、それこそ夜中までおっぱい出しっぱなしだったような…

結局タンデム授乳は長女が卒乳した4歳1ヶ月までの約2年続きました。

何かで授乳はハーフマラソンをするのと同じくらいのエネルギー消費、と読んだことがありますが、人生でダイエットらしいダイエットをしたことは無かったけれど、授乳することによって妊娠前より5キロほど痩せてしまい、体力的に結構しんどかったです。

また、完全母乳育児だったため、哺乳瓶を受けつけて貰えず(なんだこんなモノ、ペッて感じでした)だれかに預けて出かけることが出来なかったので、美容室にカットすら行くことが出来なかったのもしんどかったです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です