産後まもなくの辛い日々をまとめました

出産したらちょっとは楽になるだろう。

そう思ってみても産んでみたら産んだでまた赤ちゃんのためにママは頑張らなきゃいけません。

いつ楽になるんだって…。

産後間もない苦労について二人の体験者のお話です。

母乳が出ない、こんなにやるのってくらい授乳が多い。

あるある話。

これから出産を楽しみにされている方ぜひ参考にしてみてください。

産後まもなくは母乳の出が悪い

産後1〜3週間くらいは、母乳の出が悪く、子供がすぐにお腹を空かせて、1時間もしないうちに泣き出してしまうのが本当に大変でした。

周りからは、あげていればそのうちに出る様になるからと言われ、泣くたびに吸わせていましたが、出が悪いので、子供も15〜20分すると疲れてぐったりしてしまい、満腹になっていないのに寝てしまい、また1時間もしないで泣き出す…の繰り返しでした。

とにかく母乳を増やす飲み物を沢山飲んで母乳を増やす努力をしました。

頻繁に吸われていた為か、終いには乳首が切れてしまい、非常に痛い思いをしました。乳首保護カバーをつけても、吸われる度に、飛び上がるような激痛が走りました。

海外在住なのですが、こちらの産婦人科に相談したところ、乳首に蜂蜜を塗るといいと言われて数回試しましたが良くならず…

後々、蜂蜜は乳児の口に入ると危険ということをニュースで知り、あの産婦人科は何だったのだろうと腹立たしく思いました。

1ヶ月程経つと、子供も吸う力がついてきて、母乳もそこそこ出るようになったので、まとめて2〜3時間は睡眠を取れるようになりました。

多くの友人は、母乳の出が悪く眠れない為、ミルクにしていましたが、私も、そこまでして母乳に拘る必要があったのかどうか。。

と今だに疑問です。

 

しょっちゅう授乳しないといけなかったこと。

まず大変だったことは、しょっちゅう授乳しないといけなかったこと。

夜中でも定期的に起きて泣くので昼夜関係なくおっぱいをあげなければいけない。そんな経験は今までなかった。

そんな感じでおっぱいをあげていると乳首あたりが切れてきてとてもいたかった。赤ちゃんも吸うのに慣れてきて強い力で吸えるようになるので切れた乳首は大変な痛さだった。

病院で買った乳首を保護する軟膏のようなものを塗っていたが、回復する間も無く授乳しなければならないので、一向に治らない。

苦痛だった。あと、食べるものにも、気をつけなければならなくて、大変だった。

辛いものの様な刺激物を食べると、おっぱいの味が変わるので控えら方が良い。

と言われていたし、おっぱいの出がわるくなる食べ物なども聞いていたのでそう言ったものも控えていた。

以前は毎日のように飲んでいたビールを妊娠中から引き続き飲めないことが一番つらかったと思う。ノンアルコールビールで過ごしていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です